当院が選ばれる理由


当院は本気で難治性症状の治癒を目指します

当院は遠絡療法(えんらくりょうほう)を中心とした独自の治療メソッドによって、主に脳や神経が原因となって起こっている症状を安全に効果的に改善していきます。一人ひとりの患者様の「早く治りたい」をなにより第一に考えて全力で取り組んで参ります。

中枢と循環から症状を改善するオリジナルメソッド

患者様の「症状改善」を第一に考えます。

病院でもいまいち良くならない、再発を繰り返す、対症療法しかない・・・そのような慢性症状や全身の痛みは、さまざまな原因が複合して存在していると考えられます。薬や手術、ひとつの治療法だけではすべての原因をカバーできないために十分な改善が得られません

当院では遠絡(えんらく)療法による血液と神経の循環の調整を中心に、心身全体の不調を中枢から改善することを目的とした治療を行います。現在一般的に行われている治療とはアプローチが異なるため、なかなかよくならない難治症状を改善できます。

さらに複合的なアプローチによって相乗効果が期待できると考えた場合には、信頼できる外部の医師や治療師を紹介し協力して治療を行います。

東洋思想では、すべてはつながりをもって循環していると考えます。この循環の流れが停滞するとさまざまな問題となって現れます。病気や不調を引き起こしている流れの滞りを回復し、その原因をしっかり取り除くことが本当の治療となります。


早期改善を目指します・・・治療期間の目安

症状によって個人差はありますが、今までの当院のおおよその治療期間です。

 

【目安】

・五十肩や腰痛、踵痛、頭痛など限局された部位の痛み

 → 1~数回

・更年期や自律神経の乱れ、はっきりしない不調

 → 1~数回

・椎間板ヘルニアや脊柱管狭窄症などによる痛みやしびれ

 → 数回~3ヶ月

・CRPSや帯状疱疹後神経痛等の難治性疼痛疾患による痛み

 → 1~6ヶ月

・線維筋痛症、筋痛性脳脊髄炎等の神経疾患、原因不明難症  

 → 2~6ヶ月

 


極めて安全な治療手技

当院の治療では、体を傷つける注射やハリ、体を捻ったり曲げるような強い施術、薬などは一切使いません。遠絡療法の理論に基づく体表面の治療点(ツボのような点)に手技を行うことで、症状の原因となっている体内循環の滞りを取り除き、神経や血流などの流れを回復して症状を改善します。

いわゆる副作用といった体への悪影響や、他の治療や薬の効果の邪魔をすることもありませんので、特別な制限なしに安全に治療を受けて頂けます。

  

 治療に使う主な器具

 

   ・専用の木製棒(左側)

    ・ソフトレーザー(右側)


 

専用の木製の棒で手足の治療点を押します。

症状の原因となっている体の流れを滞らせる障害物を取り除き、弱くなった流れを補い、回復させることで、細胞の機能を正常化して症状を改善します。


 

ソフトレーザーを顔や首、腹部の治療点に照射します。このレーザーは熱や痛みは全く感じません。

主に脳幹や脊髄といった中枢神経の炎症や停滞を改善し、細胞の機能を正常化して症状を改善します。