手根管症候群・手のしびれと痛み


初期には示指、中指にしびれや痛みがでますが、最終的には母指から薬指がしびれます(正中神経の支配領域)。

急性期には特に明け方に手がしびれて痛み、こわばり感もあります。ひどくなると母指の付け根の筋肉がやせていき、母指と示指でものをつまみにくくなります。手を振ったり指を曲げ伸ばしすると一時的に痛みは楽になります。

 

一般的には原因不明とされていますが、特に妊娠・出産期や更年期の女性に多く、その他、骨折や脱臼、仕事やスポーツでの手の使いすぎ、透析をしている人などに生じます。

正中神経が手首の手根管というトンネル内で圧迫された状態で、さらに手首の運動が加わって症状が現れます。手根管は手関節部にある手根骨と靭帯で囲まれた固いトンネルで、その中を正中神経と指を動かす腱が腱鞘に包まれながら通っています。

 

妊娠・出産期や更年期の女性に多い、はっきりした原因がなく発症する特発性手根管症候群は、女性ホルモンの乱れによって腱鞘がむくみ、手根管の内圧が上がり、正中神経が圧迫され症状を呈すると考えられています。手の使いすぎによる腱鞘炎やケガでも同様に腱鞘がむくみ症状を発症すると考えられます。

 

遠絡療法では、この手根管内のむくみや腫れが生じやすくなる原因は脊髄(特に胸髄と腰髄)の炎症にあると考えています。

胸髄に炎症が生じると中指と環指と手首の中央部、腰髄では示指と母指と手首の親指側に痛みや腫れが現れます。早期であれば脊髄の炎症を抑えるだけで症状が改善されますが、時間が経過して手首のむくみや炎症が慢性化すると手首から先の治療も必要になります。脊髄の炎症は不良姿勢や運動、仕事の負荷や外傷、ホルモンなどの内分泌、自律神経の異常などさまざまな原因で起こります。

 

遠絡療法では、脊髄の流れが滞ることによって神経が炎症を起こしていると考えています(この炎症は検査ではあらわれないものです)。経絡を応用した治療によって障害されている脊髄とその周囲の循環を改善し、炎症を抑えて組織の修復を速めることによって症状を改善していきます。

 

遠絡療法による治療法

 

症状の発症の仕方や性状から障害されている部位を特定します。

 

手根管症候群は基本的に中枢性の症状であり、手首や指の痛み、しびれは脊髄の炎症が原因と考えます。おおよそ手首の中央や中指、環指の症状は胸椎レベルの障害、手首の親指側や母指、示指の症状は腰椎レベルの障害であることがわかっています。症状が長期化して手根管内の炎症やむくみが慢性化してしまうと脊髄の炎症に加えて、手首や指の神経も障害されてしまいます。

 

早期の場合には障害されている脊髄の炎症を抑えれば手根管症候群の症状は改善しますので、1~数回の治療で十分なことも多いです。慢性化している場合は、脊髄の炎症と手首、指の炎症を抑えるのに少し時間がかかります。また日常生活の中の姿勢や動作が神経への負荷になっているので、症状の進行を防ぎ、回復を速めるためには症状が悪化する状況をできるだけ少なくすることが大事です。

 

遠絡療法では原因となっている神経の部位に対応する治療点を利用して神経の炎症やダメージの修復を促進しますので、日常生活を気をつけることと合わせることで、保存的・効率的に症状を改善させることができます。

 

慢性化した重い症状の場合には、実際に治療を開始すると治療直後はいったん良くなって、その後時間が経つと良くなったり悪くなったりを繰り返しながら症状が出にくくなり、治っていくという経過が多いです。早期であれば数回の治療で改善することが多く、慢性化して重症の場合は、完治状態までには半年~1年くらいが目安になりますが、日常生活に支障がないレベルへの改善までにはおよそ1~3か月が目安です。

 

一般的な治療は内服や注射、最終的には手術ということになります。手根管症候群はなかなか難治性の症状(再発も少なくありません)で日常生活にも影響が大きい疾患です。重症の場合(手が麻痺して動かなかったり、筋肉が強く萎縮してしまっている)はすぐに手術をした方がいいということもありますが、できれば遠絡療法を合わせることで大元の原因から治すことが望ましいと考えます。