起立性調節障害 (OD)


起立性調節障害は、思春期に起こりやすい自律神経機能失調と考えられていますが、遠絡療法では脳と中枢神経の機能障害によって起こる複雑で多系統な疾患と考えています。全身の血液循環がうまく調節されなくなることによる症状が主となり、低血圧や頻脈による強い倦怠感や立ちくらみ、食欲不振、起立不耐性、失神発作、動悸、睡眠障害、気分障害などを訴えることが多いです。

 

思春期に起こることが多いですが、それ以降でも起こりえます。朝から非常に倦怠感が強く起きられない、一日中寝ているなどのような症状から、他者の目には怠けているように見えてしまうことも少なくありませんが、神経系の機能異常によって起こる症状であり、日常生活にも大きな支障をきたします。

 

訴えの多い症状は次のようなものになります。

1. 立ちくらみやめまいを起こしやすい  2. 起立時の気分不良や失神  3. 入浴時に気分が悪くなる  

4. 嫌なことがあると気分が悪くなる  5. 動悸や息切れがある  6. 朝どうしても起きられず調子が悪い  

7. 顔色が青白い  8. 食欲がない  9. 腹痛が起こりやすい  10. いつも倦怠感がある  

11. 頭痛がある  12. 乗り物酔いをしやすい

 

上記のうち3つ程度に当てはまり、次のようなことをよく経験する場合には起立性調節障害の可能性があります。

a) 立ち上がった直後に立ちくらみや倦怠感が出やすく、しばらくすると回復する  

b) 立っていて時間が経つと気分が悪くなりやすい  

c) 立ち上がった際や姿勢を変えると動悸や頭痛が起こりやすい  

d) 立っていると急に動悸やふらつきが起こることがある 

 

原因がはっきりわかっていないため、症状やタイプにあわせて血圧を調節する薬による治療が中心ですが、身体の異常はないことから環境や心理的要因なども考慮に入れた治療が必要と考えられています。

 

このような中で遠絡療法は、経絡治療を応用することによって中枢神経系の循環を改善することから、効果のある治療法の一つとして期待されます。遠絡療法では中枢神経系に関連する流れが滞り、神経が炎症や停滞を起こし、機能異常が生じていると考えます。(この炎症は検査ではあらわれないものです。)疲労感や倦怠感、睡眠障害、うつ症状は視床および視床下部の細胞が機能低下を起こしていることによって起こりますので、障害されている神経とその周囲の循環を改善し、炎症を抑えて組織の修復や機能回復を速めていきます。

遠絡療法による治療法

 

症状の発症の仕方や性状から障害されている部位を特定します。

中核となる自律神経機能低下や倦怠感、睡眠障害は視床や視床下部、脳幹部の機能異常が原因であり、全身の痛みは視床や脳幹、認知機能や情報処理機能は扁桃体や海馬、大脳辺縁系の機能障害が関与します。

 

  

中枢神経系の循環不全を起こしていると考えますので、遠絡療法ではまず脳に血液を供給する血管(主に頚部の動脈)を拡張して血流を増やすことに加えて、脳および脳幹の細胞周囲の微小循環の活性化と脳から血液を運び出す血管(主に頚部の静脈)の働きを高めて、大脳・視床・脳幹の血流と循環状態の改善をはかります。

 

さらに障害部位に対応した治療点を応用して、大脳、視床、視床下部、脳幹の神経細胞に関係する流れの滞りを取り除き、炎症があればそれを抑えます。

 

 

 

視床、視床下部、脳幹は脳の奥に存在する為、完全な回復には少し時間がかかりますが、改善または症状進行の抑制が期待できます。

すでに病院で診断や治療を受けている場合も、遠絡療法を併用することで回復を高めることができます。

 

この病気の場合は日常生活の疲労が強いことが多く、できるだけエネルギーを使い切らないことが大切です。他者からは理解されにくいことも多いと思いますが、無理をしても良くなることはないばかりか悪影響となることが多いため、まずは病気であると認識してしっかり治療に望むことが必要です。

 

自律神経の調節機能が低下していることから、ストレスや体力の消耗、不健全な生活は症状を悪化させます。しかしながら多くの場合は身体機能に問題はありませんので、自律神経の機能が回復すれば元の生活に戻っていけます。

 

 

遠絡療法では原因となっている神経に対応する治療点を利用して、神経細胞の循環不全や炎症の除去、ダメージの修復を促進します。経絡を調整することによる全身の循環改善によって、内臓や神経・自律神経、代謝、免疫などの機能が安定し、症状の回復を促していきます。

 

無理のない規則正しい日常生活やできる範囲で身体を動かすこと、身体を温めてできるだけストレスを溜めないことなど、基本的な生活習慣改善と合わせていくことで、効果的に症状を改善させることができます。原因が多岐にわたることも少なくありませんので、他の治療法とあわせて多角的に行っていくことで早期回復につながりやすいといえます。