踵・足底部の痛み


踵や足底は二足歩行の人間にとって、もっとも直接的な負荷のかかる部位といえます。そのため、痛みが発生する原因は踵周囲の組織が繰り返しの負荷によって炎症を起こしていることがもっとも多く、障害を受けやすい主な部位は踵骨、アキレス腱や足底腱膜の付着部、滑液包などがあります。

 

加齢による物理的な変性や激しいスポーツ、子供の成長期などが主な原因となります。局所的な炎症の場合は、痛みのある部分が腫れていて赤くなったり熱をもっています。また、炎症状態が長期間つづくと、骨が変形してきたり筋肉や滑液包(動きの多い腱や関節の可動性を高める潤滑液を含んだ組織)が線維化して固くなってしまったりします。変形した骨や組織は元には戻りにくいため、できるだけ早期に炎症を抑えることが大切です。

 

症状の原因が負荷による局所的な炎症の場合は、安静が治療の中心となり状況に応じて消炎鎮痛薬やテーピング、注射などの治療、運動療法が行われ、時間が経って炎症が治まれば症状は改善します。しかしながら、臨床的には局所的な炎症や変性だけでは説明できないような治りにくい痛みも多々存在しており、このような症状に悩む方は、さまざまな病院や治療院などで治療を受けても改善しにくいため、治癒にいたるのが難しいと考えられています。

 

遠絡療法ではそのような難治性の踵や足底の痛みは、局所的な炎症に加えて中枢神経の炎症も発生していると考えています。レントゲンなどで踵骨に棘があったり、周囲の組織が石灰化しているような場合でも、痛みの症状が出ないようなことも少なくありませんし、痛みに波があることも多いことから、必ずしも踵や足底の骨や筋腱だけが原因となっているわけではないということが推測できると思います。踵・足底の痛みは特に腰椎レベルの脊椎神経や脊髄の炎症が関係しています。

 

踵や足底の痛みがある方の多くは慢性的な腰痛などを持っていることが多いことも事実であり、頑固な痛みを元から改善するには腰の治療も欠かせません。踵や足底は歩くために必ず接地しなければならない部位なので、ここに痛みがあると歩行にも問題が生じ、長期的には全身のバランスも大きく崩れてしまうことにつながります。日常生活や仕事のためにも、大元の原因からの治療が重要です。

 

遠絡療法では中枢神経の障害は主に神経に関連する流れが滞ることによって炎症を起こしていると考えていますので(この炎症は検査ではあらわれないものです)、経絡を応用した治療によって神経とその周囲の循環を改善し、炎症を抑えて組織の修復を速めていきます。

遠絡療法による治療法

 

症状の発症の仕方や性状から障害されている部位を特定します。

 

局所的な原因の場合は、痛みのある部位の炎症や関係する筋肉、靭帯などの固さやバランスの低下が原因なので、原因部位に対応した治療点(遠絡では患部と離れている点)を利用することによって障害部位の循環を高めます。これによって炎症を抑えるとともに修復に必要な物質を十分に供給することができます。遠絡療法を行うと怪我などの場合も早く治ります。

 

中枢神経が原因の場合は原因部位の鑑別が必要です。踵、足底の痛みの多くは腰椎レベルの脊髄が原因であり、足底や指のしびれは脊髄神経が原因であると考えられます。症状が踵だけではなく全身にあったり、あちこちにあるような場合は脊髄と脳の中継点である視床が障害されていることが考えられます。

 

中枢性の痛みやしびれは症状のある部位と原因部位が異なるため外見からは判断できず、多くの場合は一般的な消炎鎮痛薬が効きにくいです。しびれに関しては効果的な薬がないのが現実です。遠絡療法では原因となっている神経の部位に対応する治療点を利用して神経の炎症やダメージの修復を促進します。治療点の使い方(選び方と押し方)によって炎症を取り除いたり流れを再建したりすることができますので、痛みにもしびれにも対応できます。

 

特に脊髄に対する遠絡療法は効果が高く、脊髄が原因である踵痛(痛みのある部分に変形や炎症がみられない)であれば腰椎レベルの脊髄の炎症を抑えることによって、通常は1~数回の治療で改善されます。しびれについては脊髄の治療に加えて、しびれの出ている部分に対応した治療点を使って流れの再建をはかります。流れが回復するとしびれも収まっていきます。

 

しかしながら痛みもしびれも症状が長期にわたり炎症が慢性化している場合や局所的な炎症も併発して変形などもみられる場合には改善に時間がかかります。MRIやレントゲン、その他検査で原因がわからない場合や、局所の炎症や変形が原因といわれていてもなかなか改善しないような場合は、遠絡療法をおすすめいたします。