首下がり症候群  Dropped head syndrome (首が上がらない)


頭が下がってしまって持ち上げられない、手などで支えないと前を向いていられない、というように頭がうなだれてしまう症状です。学的に首下がり症候群という病名はありませんが、実際に困っている方は少なくありません。

 

首が下がる原因は、現代医学では不明とされることが多いですが、神経の疾患やパーキンソ症状の薬、精神科系の薬等の副作用のこともあります。

 

日常生活に極めて影響が大きく、単なる猫背やストレートネックとは根本的に異なる病態です。

 

 

直接的な原因は、首の後側の筋肉の機能低下(頭を支える筋肉)、または首の前側の筋肉のこわばりと短縮です。首の筋肉の機能不全をきたす疾患は首下がり症候群を起こすといえます。

 

主な原因としてはパーキンソン病、多系統萎縮症、筋萎縮性側索硬化症、頚椎症、重症筋無力症、甲状腺機能低下症などが知られています。この場合にはふらつきや歩行障害、神経症状なども進行します。

 

薬の副作用としてはドーパミン作動薬(パーキンソン病の薬)や精神科系の薬が知られています

 

しかしながら、多くの場合は原因不明とされ、診断も治療もできないとされてしまうのが現状です。

 

当院では筋力低下による首下がりは、主に延髄の炎症などによって首を支える筋肉の力がなくなって発生すると考えています。さらに延髄の炎症が強まると、脳内にある脳室(髄液が貯留する部位)が拡張して周囲の神経を圧迫します。脳室の周囲は視床などの神経の中枢が存在するため、圧迫が進行すると四肢の脱力、ふらつき、萎縮などが現れます。

 

また、筋肉の短縮による首下がりの原因は、大脳皮質や脳の深部にある大脳基底核(身体の動きを調節する部分)の障害にあると考えます。これらの部位が障害されると、意思に関わらず筋肉が動いたり、ずっとこわばったままになってしまいます。

  

当院ではどちらの原因も、脳や延髄に関連する流れが滞ることによって神経が機能低下を起こしていると考えますので、経絡を応用した治療によって脳内の循環を改善し、神経の修復を速めていきます。神経細胞の変性がない場合は回復ができます。

 

薬の副作用である場合や多系統萎縮症などの神経変性疾患の場合は、脳内の神経伝達経路の再構築を促すことによって症状の緩和、改善をはかります。

 

基本的に横になった安静な状態で行います。


 

レーザーを使って、延髄と首の治療をします。

主に炎症や循環不全を抑えて、原因部位の状態を改善します。


状態に応じて、胸椎や腰椎の治療も行います。


 

その後、手足の治療ポイントを使って、脳や間脳の治療を行います。

やはり炎症や循環不全を抑えることによって、正常な機能の回復をはかります。

 


状態に応じて 固まっている関節や筋肉を動かしたり、簡単なトレーニングを行って、

全身の状態を整えます。

 



 

 

首下がりの症状には大きく分けて2つのタイプがあります。

1)首の前側の筋肉が強張って頭を前に引っ張ってしまう

2)首の後側の筋肉の力が弱くなり頭を支えられない

 

1)は主に脳の問題によって、筋肉の動きをうまく調整できなくなることが原因で起こります。パーキンソン病やジストニアなどが原因疾患となる場合があります。

2)は主に延髄や首の問題によって、筋力が低下することによって起こります。多系統萎縮症やALS、重症筋無力症などの神経疾患、その他何らかの原因によって起こった延髄や頚髄の障害が原因となる場合があります。

 

その他、薬物の副作用や有害物質、ワクチンの副作用、感染症などに起因して発生することもあります。障害される部位によって1)や2)の症状が現れますが、首の後側の筋力が低下するほうが多くみられます。

 

 

また、首下がり状態が続くと、頭の重さを脊柱や別の筋肉で支え続けることとなるため、二次的に脊柱の変形や筋肉の硬直、嚥下障害、呼吸困難、内臓の圧迫による問題などが現れてきます。

 

はじめは「なんとなく頭が支えられない」、「まっすぐ向いていると疲れてしまう」というような軽い症状からはじまることが多いですが、時間が経つに従って「首が下がってひどい猫背になってしまう」、「腰が強く曲がってしまう」という状態になり、日常生活にも支障が出てしまいます。

 

(※急に首が上げられなくなるという場合もあります。この場合は感染や薬物、有害物質などが原因となっている可能性もあります。)

 

 

脊柱が変形して固まってしまうと回復はとても困難になってしまいます。

できるだけ早期に大元の原因に対する治療を始めることが大切です。

治療では、原因となっている部位にアプローチすることが必要です。

1)の場合は脳や大脳基底核

2)では延髄や頚 を治療します。

 

当院でおこなう遠絡療法は、経絡の応用によって脳の深部までアプローチすることができるので、一般的には治療困難な原因部位に対応できます。

 

また、必要に応じて二次的に負荷のかかっている脊柱や首の筋肉、背中や腰の筋肉、骨盤、下肢の筋肉などの循環の調整をあわせることによって、体全体のはたらきを整えていきます。

 

発症から時間が経過している場合には、延髄や首だけでなく脳や間脳、全身の筋骨系、自律神経系、血管系などにも問題が拡がっていることが多くみられます。当院では原因部位に重点を置きつつ、全身の状態を改善する治療を行います。

首下がり症候群の主な原因中枢は、脳幹(橋、延髄)と考えます。症状が首下がりだけである場合はほとんどが慢性的な炎症などによって血流の欠乏と循環状態の悪化により機能低下を起こしているといえますが、神経変性疾患では細胞が変性・脱落している場合もあります。

 

遠絡療法では、まず脳に血液を供給する血管(主に頚部の動脈)を拡張して血流を増やすことに加えて、脳および脳幹の細胞周囲の微小循環の活性化と脳から血液を運び出す血管(主に頚部の静脈)の働きを高めて、脳・脳幹の血流と循環状態の改善をはかります。さらに障害部位に対応した治療点を応用して、脳・脳幹の神経細胞に関係する流れの滞りを取り除き、炎症があればそれを抑えます。さらに温熱療法や首を上げるためのリハビリなども組み合わせて行い、神経だけでなく筋肉や骨格、全身の循環などもあわせて複合的な改善を図ります。

 

首下がりだけが主な症状であれば、延髄の炎症が治まって首の筋力が回復すれば頭が持ち上げられるようになっていきます。脳卒中や神経変性疾患による神経細胞の脱落や変性の場合はこれを完全に回復することはできませんが、治療を行うことで症状の進行を抑えることや、症状が首下がりだけで病名の診断がつかないような早期であれば改善に向かうことも少なくありません。この場合は状態維持のために定期的な継続治療が必要です。

 

延髄の炎症を抑えるためには少し時間がかかることが多いですが回復する可能性は高いと考えます。また日常生活の疲労やストレスは交感神経を興奮させて脳への血流を減らすことから、回復を速めるためには交感神経が興奮し続ける時間を少なくすることが大事で、これには趣味や好きなことをするなど心身がリラックスして副交感神経が高まることや適度な運動や規則正しい生活が効果的です。遠絡療法では原因となっている脳幹、頸椎の神経に対応する治療点を利用して、神経細胞の循環不全や炎症の除去、ダメージの修復を促進しますので、日常生活を気をつけることと合わせることで、効果的に症状を改善させることができます。

 

首下がりは命には支障がないと考えられてしまいますが、日常生活には極めて大きな問題を生じ、結果的に生命に関わる疾患であると考えます。病院で原因不明として治療を受けることができない患者様のために役立てるよう探求を続けます。