実際の治療症例  強い痛みの症状


  1. 帯状疱疹後神経痛 胸部の痛み 60代男性
  2. 帯状疱疹後神経痛 顔・頭の痛み 70代女性
  3. 帯状疱疹後神経痛 顔の痛みと麻痺 70代女性
  4. 帯状疱疹後神経痛 陰部の痛み 40代男性
  5. がんの痛み 肺がんの骨転移 40代女性
  6. CRPS 腕の痛み 40代女性
  7. CRPS 足の痛み 40代女性
  8. CRPS 採血後に発症したCRPS 30代男性
  9. 線維筋痛症 全身の痛み 60代男性
  10. RSD 全身の痛み 50代女性  

ケース1 帯状疱疹後神経痛 胸部の痛み 60台男性

症状  左側胸部に帯状疱疹罹患、抗ウィルス薬ですぐに対処できたため重度の神経痛には移行せずに済んだが、2ヶ月くらい経っても左のわき腹にヒリヒリした痛みが残ってしまった。
経過

帯状疱疹ウィルスによって傷害された神経の修復を目的に遠絡療法を施療。痛みのあるレベルの脊髄と脊髄神経と全身の状態改善を目的として脳幹部への治療を行った。初回治療後には全身がとても軽くなり、左側胸部の痛みは半減。3回の治療で痛みはほとんど感じなくなった。そのほかに日常的な首肩の痛みやこりが軽くなった。

感想

常にヒリヒリした感覚で気持ち悪く、集中力や睡眠に問題が出てきていたので、痛みが無くなって楽になった。仕事柄無理な体勢で長時間いることが多いので首肩や腰の痛みやこりが慢性的にあったが、それも全体的に軽くなって身体が元気になったように感じる。いろいろな症状がいっぺんに改善できてよかった。

ケース2 帯状疱疹後神経痛 顔・頭の痛み 70台女性

症状  左頭部・顔面部の帯状疱疹に罹患、すぐに抗ウィルス剤治療を受けて発疹は1週間程度で消えたが、痛みとしびれが残りリリカ、ノイロトロピン服用。さらにペインクリニックでブロック注射を受けたが改善せず、鍼治療も受けているが2ヶ月後にも改善していない。左目周囲から左頭部、頚部にかけて周期的にビリッという電撃痛と耳の奥に鈍痛があり、夕方から夜にかけて特に強くなる。
経過

第1、2頚椎の神経が帯状疱疹ウィルスによって障害を受けたと判断し、頚髄および延髄に遠絡療法で神経の修復をはかる治療を行った。また、帯状疱疹は免疫力が低下したときに発症するため、免疫力や自律神経機能を高めるために間脳も治療対象に追加した。初回の治療後は3日間くらい強い痛みが収まった。その後痛みはやや戻ったが、週1回の治療を継続したところ、徐々に痛みが弱くなり、6回で痛みが消失した。

感想

 

ケース3 帯状疱疹後神経痛 顔の痛みと麻痺 70台女性

症状  年末に右側の顔と頭に違和感を感じたがしばらく放置、その後激しい痛みと腫れ、右側の顔が麻痺し救急にて帯状疱疹と診断され、そのまま入院となる。年明けに退院したが右側の顔の痛みと麻痺が残ってしまった。
経過

遠絡療法では頭の帯状疱疹による神経痛は第1頚椎レベルの脊髄に問題が起こっていると考えており、この場合の顔面の麻痺は脳幹部にある顔面神経の障害が原因と考える。第1頚髄と脳幹部を中心に遠絡療法を施療。初回治療後には顔の痛みは半減、右側の顔の筋肉も少し動くようになった。自宅でのセルフケア(両手の指の数箇所を1分くらい押す方法)と週2回の治療を3週続けたところ完全に症状が消失し治療終了となった。

感想

顔の痛みは普通の生活ができなくなるくらい辛い症状で、麻痺は眼も口も閉じない状態だったので家の外に出ることもできなかった。先の人生が真っ暗になってしまったと思って本当に落ち込んだが、最初に治療してもらってから1ヶ月も経たない間に完全によくなったので本当に良かった。教えてもらったセルフケアは脳の循環を少し改善する方法で、血流がよくなる効果が期待できることから睡眠障害や認知症予防などにも効果があるというので、帯状疱疹後神経痛が治った後も続けて行っている。

 

ケース4 帯状疱疹後神経痛 陰部の痛み 40台男性

症状  9ヶ月前に帯状疱疹を罹患、下腹部から下肢にかけて発疹と痛みがでた。抗ウィルス薬によって腹部と下肢の症状は消失したが、陰部に痛みが残ってしまった。服に触れたりするとヒリヒリするような痛みがあり、常に気になってしまっている。
経過

陰部の痛みの原因は尾椎レベルの神経の障害と考え、神経の回復と全身の状態改善を目的に遠絡療法を施療。脳幹部の状態改善により全身の治癒力や免疫力を向上し、尾椎レベルの神経の状態を改善し痛みを抑える治療を行った。初回治療後に陰部の痛みはほぼ消失。3日くらいは効果が持続したが症状が戻ってきた。その後週1回のペースで継続治療を行なっているが、痛みは最初の2割くらいのレベルで一進一退を続けている

感想

病院にも相談しにくい痛みで、診てもらっても鎮痛剤くらいしか出してもらえなかったので、いろいろな治療法を探して遠絡療法をみつけた。痛みのあるところではなくて手足やお腹を押したりレーザーを当てたりすることで痛みが軽くなったので驚いた。痛みは少し残っているが、常には気にならないので日常生活も楽になった。

ケース5 がんの痛み 肺がんの骨転移 40台女性

症状  肺がんによる胸背部、頸肩の滲みるような痛み できるだけ鎮痛剤も減らしたい
経過

がん自体は抗癌剤によって鎮静化しているが、がんによる神経痛や骨転移の痛みが強いため、胸背部、頸肩部の痛みの緩和と全身状態の改善のために遠絡療法を施療。初回の治療で痛みは大きく緩和。週1回のペースで数回の治療で痛みがかなり弱い状態で維持できるようになり、鎮痛剤の服用をしなくてもよくなった。

感想

滲みるような辛い痛みが緩和してとても楽になった。遠絡療法を受けるとその場で痛みが緩和するので、神経にも効いているように感じる。薬もできるだけ減らしたかったので主治医と相談して減薬できてよかった。

ケース6 CRPS 腕の痛み 40台女性

症状  2年前に間質性肺炎に罹患、同時期から左手の人差し指のつけねに気が遠くなるような激痛と動作制限が現れた。大学病院ではCRPS疑いということで明確な診断がされていない。非ステロイド性消炎鎮痛薬やリリカ、サインバルタ、トラムセット等が処方されたが症状は緩和されず、星状神経節ブロックも効果が見られなかった。レントゲンでは上腕骨と指骨の骨萎縮がみられ、右上肢は運動制限と筋力の低下により機能低下をきたしている。
経過

遠絡療法における神経線維破壊症候群TypeIIIと判断して脊髄の治療を中心に行った。初回治療の翌日に右手の人差し指にも痛みが現れ、左手の痛みは少し強くなったと電話があったが、3日後には症状が収まった。症状が重い場合や神経が異常に過敏になっている場合には、遠絡治療後に一過性に反動のような症状が現れることが稀にあるが、目的部位に治療効果が届いているというシグナルともいえるため、週1回のペースで継続治療を行った。2回目以降は元の左手の症状も徐々に改善している。

感想

大学病院ではあまり真剣に取り組んでもらうことができず、かえって酷い言葉などを受けて非常に傷ついた。各種検査でも原因がわからないため、担当医も本当に症状があるのか疑うような態度で治療も進むことがなかった。そこでいろいろな治療法を探して遠絡療法にたどり着くことができてよかった。症状が落ち着いてくると気持ちも前向きで明るくなってきた。

 

ケース7 CRPS 両足の痛み 40台女性

症状  5年前に特に思い当たる原因がなく両足首と踵が腫れて痛みが出た。痛みが強くなり、夜間に何度も痛みで目が覚めるようになる。病院で検査をしたがはっきりした原因がわからず、膠原病に詳しい内科でステロイドを処方され4年ほど服用していた。平行して波動療法にも通い、一旦痛みは収まっていたが、昨年の12月に再発し、毎晩痛み止めを服用しながら何とかしのいでいる状況が続いているが、胃や肝臓に負担がかかるようで調子が悪い。所見では両足首と足部全体が腫脹してむくみ、皮膚の色が少し黒ずんでいる。夕方から夜間に特に痛みが強くなり、踵にも響くような痛みがでることによって、立っていられなくなる。
経過

足を痛めるような原因がなく、両側の足首、踵、足部に響くような強い痛みを主とした症状がでていることから、遠絡療法における神経線維破壊症候群TypeIIIと判断して脊髄の治療を中心に行った。初回治療直後は特に変化はでなかったが、翌日の夜間痛が軽減してロキソニンを服用せずに就寝できた。その後しばらくは一進一退を繰り返しながら痛みの強さと夜間痛の頻度が減少していき、2ヶ月程でロキソニンをほとんど服用しなくても夜間に目が覚めることがなくなった。脊髄に加えて脳幹部や間脳への治療も行うことによって、自律神経系や内分泌、免疫系などの調子も改善し、全体の調子と回復力が改善している。

感想

病院では診断がつかず、ステロイドや痛み止めで様子を見ることしかなかったため、いろいろな治療法を探して波動療法や遠絡療法にたどり着くことができてよかった。調子を崩す前には仕事上のストレスなどが強く、精神的にもまいってしまっていたが、遠絡療法では身体全体の調子も整えてもらうことで、体力や気力がでてきて仕事も前向きに頑張れるようになった。

ケース8 CRPS 採血後に発症したCRPS 30台男性

症状  1ヶ月前に病院で採血をしたところ軽い痛みを感じ、その後、左手の針を刺した部分から先にしびれと痛みが現れて、痛みが徐々に強くなり、上腕にも範囲が広がった。左手は動かしたり何かに触ると強い痛みが走るため、システムエンジニアの仕事を休職した。整形外科で注射の針が神経を傷つけてしまった可能性もあるとしてCRPS疑いの診断を受けて、数種類の鎮痛薬を服用したが大きな改善が見られなかった。
経過

注射後に現れた症状ではあるものの、針を刺した部位より中枢側にも症状が拡大していることから、遠絡療法としては神経線維破壊症候群TypeIIIとして、胸部脊髄および脊椎神経の障害が中心であると考えた。胸椎レベルの治療を中心に行ったところ、初回治療直後は痛みが半減し、週1回の治療を継続したところ、2ヶ月くらいで職場に復帰できる程度に回復した。注射がきっかけになった可能性はあるが、症状の主な原因は脊髄であったことから、長時間の不良姿勢や胸腰椎への負荷が重なって症状が現れたことを説明し、職場や自宅での環境の見直しやセルフケア、規則正しい生活や食事などの生活習慣の改善に取り組んで、再発を予防している

感想

病院でなかなか治らず困っていた痛みが、腕とは違う部分へのレーザーや棒の刺激で改善してとても驚いた。このままでは仕事ができなくなってしまうと不安だったのでよくなって本当に助かった。仕事などに集中してしまうと左腕に重だるさが出てくるが、体操やお風呂でよく温まるなどに気をつけることで、それ以上悪化せずに維持できている。

ケース9 線維筋痛症 全身の痛み 60台男性

症状  日頃から運動やウォーキングを行っていたが、4年前の夏に両足の裏に特に思い当たる原因がなく痛みが出た。同年冬に手足にしびれが出て病院で検査をしたがはっきりした原因がわからなかった。翌年にかけて手足のしびれが強まり、夏ごろには周期的に全身に針を刺すような痛みや手足が焼け付くような痛みが現れるようになった。一旦痛みが現れると数週間から1ヶ月の間、強い痛みが頻繁に出るため、日常生活にも大きな支障となっている。大学病院のペインクリニックに通院しているが、一般的な薬ではほとんど効果がないように感じるため、睡眠導入剤のみの服用で痛みは我慢している。
経過

もともと健康で痛みがでるような原因がなく、全身に強い痛みを主とした症状がでていることから、遠絡療法における神経線維破壊症候群TypeII(一般的には線維筋痛症などによる全身痛)と判断して脳幹・間脳の治療を中心に行った。線維筋痛症は比較的長期間の治療が必要となることが多いことから、週1回の治療から開始した。毎回の治療後は特に変化はでなかったが、2ヶ月くらいで痛み発作の兆候が現れても2~3日で収まり、長期間痛みが続くようなことが減ってきた。頻度も月に1~2回程度となり、痛み自体も我慢できないような強さから、痛みはあっても通常の生活や運動ができる状態となってきたため、4ヶ月目からは2~3週間に1回の治療頻度で継続治療を行って維持、少しずつ改善がみられている。

感想

大学病院でも現時点では治療法がないため、うまく付き合っていくしかないといわれていたが、薬があまり効かないために強い痛みを我慢していくのは厳しいと考えて、いろいろな治療法を探してみた。いまのところ遠絡療法を続けている間は症状も強くならずに済んでいて、発作の兆候が出るたびに不安にはなるものの、数日で収まってしまうことがほとんどなので助かっている。少し時間はかかってもこのまま改善していくことを期待している。

 

ケース10 RSD 全身の痛み 50台女性

症状  2年前頃に全身の倦怠感と特に両腕の重だるさを感じるようになったが、無理して仕事をしていたところ、両腕が腱鞘炎のような痛みからその後全体に強い激痛を感じるようになった。普段から前腕にピリピリしたような痛みと腕全体の重だるいような痛みがあり、握力がほとんどなくなり、ものをうまくつかむことができない。周期的に不快感を伴った強い痛みが数時間から数日続くことがあるため、仕事も休んでいる。
経過

はっきりした原因が見当たらないものの、痛みの性状と両腕という症状の部位から、遠絡療法としては神経線維破壊症候群TypeIIIとして、頚部・胸部・腰部の脊髄および脊椎神経の障害であると考えた。症状が特に手掌側に強いことから胸椎レベルの障害が中心と考えられる。また、脊髄の広範囲に障害があることから、おおもとの原因は視床の炎症にあると推測される。腕の痛み以外の症状(頸肩の強いこり、腰痛、子宮筋腫等)からも視床下部や脳下垂体、延髄にも障害が広がっている。障害は主に血液等の循環不全などを原因とした慢性的な炎症と考えられる。治療はまずは強い腕の痛みを緩和させることを主として、脊髄全体の炎症を抑える治療を行った。初回治療直後に痛みが緩和したが、翌日は少し反動的な症状として痛みが強く感じられた。1日程度で強い痛みは落ち着いて元の状態に戻ったように感じられたが、週1回の治療を継続したところ、2回目以降は徐々に腕の重だるさとピリピリした痛みが軽くなっていき、強い痛みが起こる頻度が半減、痛みの持続時間も短くなっていった。2ヶ月程度で無理をすると重だるさやズキッとした痛みが出るものの仕事に復帰できる程度に回復した。症状の主な原因は脊髄であったことから、長時間の不良姿勢や脊椎への負荷が重なって症状が現れたことを説明し、職場や自宅での環境の見直しやセルフケア、規則正しい生活や食事などの生活習慣の改善に取り組んで、再発を予防している

感想

病院でも原因がわからず治療法もなかった痛みが、腕とは違う部分へのレーザーや棒の刺激で改善してとても驚いた。遠絡療法でおおもとの原因を改善することに合わせて、昔から通っている整体で腕の筋肉を柔らかくしてもらうことで、相乗効果がでているように感じる。無理をすると良くないということがよくわかったので、仕事も無理しすぎず、家でも体操やお風呂でよく温まるなどに気をつけることで再発させないように気をつけていきたい。